ふちけん記

年超えてから総括するやつ。

■コンシューマ系

・PC
DQ10(プレー日記はこちら
PC版FF13
PC版FF13-2

DQ10は相変わらずです。年間でDQ10にログインしていない日は片手で数えるぐらいしか無い。

メインストーリーが昨年末に一段落して次のパッケージが出るまではプレーするペースを落とそうかなぁと考え始めた次第。DQばっかりで他のことが全然やれていないので…
そうは言っても日々のコツコツ作業はどうしてもやらなきゃと思ってしまってついログインしちゃうのですが。

FF13とFF13-2がSteamで配信が始まったので、FF13本編はXBOX360版ぶりに、13-2はPS3版ぶりにプレーしました。やはりFF13シリーズのバトルは楽しいなぁと感じました。バトルだけでしたが。
FF13-2は何故かやたらと動作が重たくて思うようにゲーム出来ないので、今のところは修正パッチが来ることを期待して放置中。
来てもたいしてプレーしそうにないですが(FF13も10章で止まってます)

・PS3
新・ロロナのアトリエ

DQ10以外で昨年唯一真っ当に手を付けたRPGでした。
ストーリーはオリジナル版のまま、グラフィックやシステムをまるごとメルルのアトリエベースにごっそり置き換えるという大胆なリメイクがなされた作品で、ロロナよりはそれより後のトトリ・メルルのバランスの方が好きな私にはとても楽しいゲームでした。
トロフィーコンプまではしませんでしたが、リメイクにあたって追加された「延長戦」は攻略しました。メインストーリーはシステムがメルルベースになった影響もあってかなりぬるくなっていましたが、延長戦部分はボス毎の難易度設定が中々絶妙で、試行錯誤するのが楽しかったです。

・3DS
ぷよぷよテトリス(3DS版、Vita版)

ぷよの新作が出たらとりあえず買う的なやつで。
正直ぷよとテトリスの対戦は圧倒的テトリス有利のお世辞にもバランスがとれているとは言いがたい状態ですが、先日久々に繋いでみたらなんだかんだ楽しく対戦出来たしテトリス相手でも超上級者でも無い限り勝てないこともない感じだったので、発売直後のテト勢無双の理不尽感はだいぶ無くなった感があります。
Vita版も買ってあるのですが、Vita鯖は人がいなくて全然対戦マッチングしない…

・XBOX360
怒首領蜂最大往生

このソフト自体は2013年発売のものです。私が中古で査収したのが昨年だっただけの話。
CAVEのSTGは移植の際に追加される難易度低めのモードがかなり楽しく遊べるのですが、今作もXBOX360版の独自のモードが面白く、一番低い難易度ではヒバチとその後のボスを倒す所までやれました。やー、手加減してくださっているハチ様とは言え、落とせたのは気持ちよかった。

もう商業のSTGはゲーセンでも家庭用でもほぼ出ていない状態なので、下手の横好きで数年ずるずるプレーしてましたけど今後は余程のことがない限りやらなそう。

・PSVita
シェルノサージュオフライン
STAR STRIKE DELTA

今までずっと購入検討だけしていたVitaですが、オンライン専用だったシェルノサージュがDLC全込みのオフライン版が発売されたタイミングで購入に踏み切りました。
踏み切ったけど、結局そのシェルノサージュは面倒くささが先立って途中で放置… 南無
これオンライン版をやってた人よく続けられたなぁ。尊敬します。
アドベンチャーっぽいゲームでオンライン要素ありって、ふつうじゃないよなぁ…

PSPlusに加入して、シュタインズゲート(←箱版でクリアしている)やゴッドイーター2、ディスガイア4を無料DLしてみたはいいものの、結局こいつらも積んだままだったりチュートリアルだけやって放置になっていて、今のところ何のためにVita買ったのか状態となっています。

■エロゲ
Clover Day’s
サキガケ⇛ジェネレーション!
魔女こいにっき
恋がさくころ桜どき
ココロファンクションNEO

どれも印象強いゲームですが、一本あげるならCloverDay'sですかね。
Clover Heart'sから10年、年食ったよなぁ…
前作のOPが今作ではOP2としてかかるという演出が、色んな意味で刺さりました。

サキガケジェネレーションも凄く良かったです。エロゲにかぎらずラノベとかでもゲームの世界の中に飛び込めちゃう系(分かりやすいところで言うとSAO)のお話は大好物なのですが、テンポ良いテキストが心地よく、終始テンション上がりっぱなしのゲームだったと記憶しています。

魔女こいにっきもさくさくもココロファンクションも色々書きたいことはあるのですが、今ここでかく文量じゃないし、そうかといってプレー直後に感想日記も書かなくなったぐーたらな私は、もうこの手の感想ネタを吐き出す場がなさそうですな(ノ∀`)

恋がさくころ桜どき_20140707-020149

さくさく、お気に入りの1カット。

■ソーシャル・基本無料系
ガールフレンド(仮)
ウチの姫さまが一番かわいい
ファイナルファンタジーアギト

IMG_0555

ガルフレはこのカードを取ったあたり(肝試しイベント)で心が折れました。
このイベントに照準合わせて溜め込んだ大量のアイテムをぶっこんだにも関わらずこのカードを取るのに必要な4000位に入れなくて、無課金の限界を思い知らされました。
(その後救済策を駆使してなんとかかき集めましたが)
なんだかんだ2012年から2013年にかけて半年程度、2014年も半年程度プレーした私としては異例の期間プレーすることになったソシャゲですが、しばらくはいいかなぁと思っています。
去年の正月CMがきっかけで復帰したりもしたので、今後も何がきっかけで戻るかわからないですし、今までプレーしてきたアカウントは一応残してあります。

ゲーム自体は恐らくソーシャルゲーム界見渡してもここまで課金に偏ったゲームは無いだろうというガチガチのゲームでしたが、なんだかんだキャラの可愛さに引っ張られてずるずる遊んでました。
アニメはそんなに見ていませんでしたが、ガルフレラジオは今でも毎回欠かさず視聴していますし、そういう周辺コンテンツも含めてなんだかんだ面白かったです。

他のゲームはやっぱりやっても続いても1ヶ月程度で、チュートリアル近辺だけでぶん投げたゲームもいくつかあったりで(FFwwwとかFF7のGバイクのやつとか)、根本的にiPhoneで遊ぶゲームというのは私には合っていないのかなぁと改めて思います。
ガルフレはiPhoneでもPCでもやれるという点が私がプレーを続けられた大きな要因だと思います。(現在はChromeでのプレーがサポートされていますが、公式サポート前もブラウザ偽装でプレー可能だった)

■2015年の抱負
PS4で出るDQヒーローズ、FF零式HD(FF15体験版付属)はやる予定でいるので、それまでにPS4本体買っておくかー程度に。
他はもう目標とか特に立てずにだらだらと。日々を生きよう。

それでは、今年もよろしくお願いします。

相変わらず日記の更新をさぼりがちなので(DQ10の日記は書いてますよ)、こういう小さなところからちょいちょいネタ拾ってでも日記を起こしてみましょうという試み。

今日9月21日まで行われていた東京ゲームショー。
ニコニコ生放送でいろんなステージ中継がされていましたが、主にスクエニ系を見てました。
本命はDQ10の新情報でしたけど、他の時間帯も様々なタイトルで面白い番組が展開されていました。
このネタだけでも日記何本も書けそうな勢いですが、まずはここからのチョイス。

FF零式。
海外ではHD版の発表はすでにされていて、今回国内発売が正式に発表されましたという流れ。
さすがにPS4/XBOX one対応ということで、グラフィックは綺麗だしUIなんかも凄いすっきり見やすくなっていて、読み込みもかなり早くてさくさく遊べそうでした。
零式は相当遊んだタイトルなので、HD版が出て改めてがっつりやるかと言われるとそこは微妙ですが、とりあえず手にとってみたいタイトルではあります。これ合わせでPS4買うことは確定しました。色々書き散らしている零式関連の日記や攻略情報も一度まとめておかないとな…

イージーモードが搭載されるとかトークショーの中で言われていたので、どういうバランスになるのか気になります。零式の割とぽんぽん死んじゃう難易度は世界観を表現する上でもなかなかいい調整だったと思っていますけど、ああしちゃうとついていけない人が一定数出るのは避けられないでしょうからねー。

FF15。
いつまで作ってるんだよという色んな意味で大物タイトルですけど、今回実機でのプレーが披露されて、さすがにグラフィックのレベルはこれまでとは桁違いだなぁと圧倒されました。
おもいっきり斜め上の方向にリソース全力ぶっこんでしまっている迷走感が溢れでているようにも感じてしまいますが。雨が降ったら高低差を計算して地面に水たまりができて、ってそんなところに力入れてどうすんのよってすんごい思ってしまったんです…
ただ、これだけのクオリティのグラフィックが織りなす世界を覗いてみたいという好奇心は掻き立てられますね。
ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルは11以外全部触ってきているので、これも当然のようにプレーしていることでしょう。いつ出るかわかったもんじゃないですけどね。

FFアギト。
零式関連のタイトルですけど、これまでのスマホ版の運営の失敗点を割とぶっちゃけていたりとか、最初の1ヶ月程度はプレーしていてなんとなくはゲームの雰囲気知っているので、げらげら笑いながら見てました。
アギトPlusとしてVita版が来年1月にサービス始まるそうなので、Vita本体買ったらそっちでやってみるのも一手かなーとちょっとだけ思いました。スマホでプレーしているとすぐ本体が熱くなってどうしてもそれが気になっていたので。
アイテム課金ゲームをまじめにプレーする気はないので、最初から手を出さないのが正解だとは思いますけど。ストーリー追うぐらいならいいのかなーと。

↓件のトークショーはこちらから見れます↓

話題としては少々古いですが。

■Getchu.com:2014年上半期 ゲーム・セールスランキングより

1.サキガケ⇒ジェネレーション!
2.大図書館の羊飼い -Dreaming Sheep-
3.恋がさくころ桜どき
4.天秤のLa DEA。 ~戦女神MEMORIA~
5.Clover Day’s

1235プレーしてました。上半期でプレーした5本のうち4本がこれっていうのはなかなかどうして。
大図書館DSはインストールしてちょちょっと1時間程度触った程度で放置しているので、プレー済みとしてカウントするのは少々苦しいところがあるのですが、何にせよ凄く偏ってるなーと。
このへんのタイトルが売れ線というのは分かるのですけど、こんなにも上位ねらい打ちみたいな状況になったのはここ数年で初めてだったので、このニュースを見た時なんとも言えない気持ちになったものです。
(げっちゅでのセールスだという点を抜きにしても、上位の顔ぶれはあとはランスが上に来るぐらいで大きく変わることはないでしょう)

ドラクエばっかやってて自分のいろんな方面のアンテナが凄く低くなっているのを痛感しているので、うまく時間を見繕って色々ゲーム漁りたいものですな。
とりあえず大図書館DS放置しているのをこの記事書いて思い出したので、ちょっと遊んでこよう。

このページのトップヘ